カテゴリー
復縁

元彼と復縁の冷却期間どのくらい?1か月の男性心理が知りたい

付き合っていた人と別れてから1か月くらい経つと、元彼との楽しかった思い出を思い返したり、やっぱり自分に必要な人だったと思ったりして、元彼と復縁したいと思うこともあるでしょう。

復縁するには自分の心を見つめ直すためにも冷却期間が必要であるとよく言いますよね。

とりあえず1か月の冷却期間が経過し、自分としては復縁したいけれど、別れてから1か月経った今の彼は一体どのような心境なのかがわからず、どのような行動をとれば良いのかわからないことも多いのではないでしょうか?

今回は別れて1か月が経過した今、元彼はどのような思いでいるのか、復縁するための冷却期間はどのくらいあければ良いのか、そして復縁したいなら今何をすべきなのかを一緒に考えていきましょう。

別れて1か月の男性心理

ではまず、別れて1か月が経過したころの男性はどのような心境でいるのかを考えてみましょう。

別れてスッキリしている

付き合っている間、彼女とよく喧嘩をしていたり彼女の束縛が激しかったりした場合、別れてスッキリした気持ちになっている男性もいます。

喧嘩、駆け引きなど恋愛には面倒くさいことがつきものですし、休みの日には、疲れていてもデートなど彼女のために時間を割かなければならないこともあったはず。

その面倒くささや義務感から解放され、自由になった自分の生活を謳歌しています。

恋愛について考えないようにしている

1か月経過したことで、彼女と別れてひどく落ち込んでいた時期が少し落ち着いてきますが、まだまだ別れたショックを引きずっていることもあります。

そのためもうしばらく恋愛からは離れようと、仕事や趣味に没頭したり、友人との予定を沢山入れたりして恋愛について考えないようにしています。

恋愛がトラウマのようになっていて、自ら恋愛からは身を引いている男性も。

別れたことを後悔したり、寂しくなったりしている

女性は別れた直後に別れたことを後悔する傾向があり、男性は別れて少し経ってから別れたことを後悔する傾向があります。

別れてから1か月経つと、段々自分の生活の中で彼女がどれくらい大きな存在であったか気づいたり、毎日の電話やLINEなど、ほぼ習慣と化していた彼女とのやりとりがなくなったことを寂しく思ったりしています。

 

別れの原因によってベストな冷却期間は変わる

冷却期間とは、別れてから自分自身の気持ちを見つめ直し、冷静に2人の関係について考えられるようにするための期間です。

しかし一言で冷却期間といっても、2人の関係性や別れた原因によってその期間が変わってきます。

別れた原因別に、あけたほうがいい冷却期間の長さの目安をご紹介しましょう。

 

衝動的な喧嘩や気持ちのすれ違いで別れた場合

ささいなことが原因で言い争いになり、お互いに頭に血がのぼってあとに引けず、そのまま別れてしまった場合や、お互いに想い合っているのにその気持ちがすれ違い、意思の疎通がうまくいかずに別れてしまった場合は、まだ相手のことを好きなまま別れているという状態です。

この場合は1か月ほど冷却期間をおけば、冷静にお互いの気持ちや関係性を見つめ直すことができるでしょう。

 

遠距離やマンネリ化でフェードアウトした場合

遠距離恋愛であまり頻繁には会えなくなってしまったり、付き合いが長く、お互いに刺激がなくなってマンネリ化してしまったりで、連絡が減ってフェードアウトしてしまった場合、お互いがお互いの存在を必要であると再確認するための冷却期間が必要です。

この場合は3か月程度冷却期間をあけると、相手の存在の大きさを改めて考えなおしたり、再び会った時に新鮮な刺激を感じたりすることができます。

 

自分に原因があって別れた場合

自分がワガママを言いすぎて彼にうんざりされてしまったり、相手に依存しすぎて重いと感じられ、フラれてしまったりした場合はまず自分自身の悪いところを反省して改善したり、彼氏が自分に抱いている悪いイメージを払拭したりするための時間が必要です。

冷却期間は長めに、3か月~半年程度を考えておきましょう。人の性格はなかなか変えるために時間が必要であるとともに、彼の気持ちも無理やりに変えることはできません。

じっくりと時間をとることが大切です。

 

復縁するには冷却期間中に何をしたらいい?

彼と復縁をするためには、冷却期間中のどのような行動をとるかが重要になってきます。冷却期間中はどのように過ごせばいいのかを考えてみましょう。

自分の気持ちを見つめ直す

冷却期間中は、どうして別れてしまったのか、自分はどうしたいのか、そして今相手のことをどう思っているかなど、冷静に自分の気持ちを見つめ直し、自分の頭を整理しましょう。

特に自分に原因があって別れた場合は、自分の良くなかった点を反省し、変えていく努力が必要です。

束縛が激しかったり依存体質であったり、ワガママであったりと、自分の悪いところから目を逸らさずに見つめなおしてみましょう。

 

自分磨き・イメチェンをする

復縁をしたいと思うのであれば、冷却期間を経て再び彼に会った時、「なんか変わった」「キレイになったな」と思わせたいものですよね。

特にマンネリ化でフェードアウトしてしまった場合は、イメージをガラッと変えることが新しい刺激になります。

ジムやエステに通ったり、メイクを研究して自分に似合うものを探したり、髪型を変えてみたりなど、自分をピカピカに磨いて再会に備えましょう。

また、沢山本を読んだり習い事をしてみたりして知識を増やすと内面からも自分を磨くことができ、彼に「会わない間に成長したんだな」と思わせることができます。

 

自分から彼に連絡をしない、身体の関係も持たない

冷却期間中、一番気をつけたいのが自分からLINEや電話をしないこと。別れてからも連絡をし続けては冷却期間の意味がありません。

また、彼に「しつこい」「重い」と思われてしまう危険性があります。

また、別れてから彼から連絡がきたからといって、呼び出されてホイホイと身体の関係を持たないことも大切です。

カップルとしては終わっているのに身体の関係はあるからいつかは復縁できる、と思うのは勘違いで、実際はただ都合の良い女扱いされていることも。

一番セフレ候補にしやすいのは元恋人であるといわれていることもあります。

冷却期間中はきっぱりと連絡を絶ち、復縁に向けて何をするかをひとりで考えましょう。

 

匂わせSNSは絶対にNG

冷却期間中、お互いのSNSをついチェックしてしまうことがありますよね。彼が自分のSNSを見ていると思って、彼にヤキモチを妬かせるために他の男性と出かけて、男性の腕や時計などがちらっと写っているような匂わせ投稿をするのはやめましょう。ヤキモチどころか、「もう新しい彼氏ができたのか」と思われてしまいます。

また、落ち込んで精神的にボロボロ、のようなメンヘラを匂わせる投稿も彼をうんざりさせたり、共通の友人に知られて彼が責められ、嫌な思いをさせてしまうことがあります。

 

冷却期間を終えてからまずやるべきこととは?

ある程度の冷却期間をおいたら、いよいよ復縁のために動き出しましょう。復縁のためにまずは何をするべきかを解説していきます。

自分が成長し、変わったことをSNSでアピール

冷却期間中に自分の外見や内面もピカピカに磨き上げたら、それをSNSの投稿などでアピールしましょう。

自分はこのようなことを努力している、こんなに成長しているということを写真や文章で表現します。

あくまで前向きに自分を磨いているという様子を見せましょう。その際あまり写真を盛らずに、ナチュラルにキレイな自分を見せるのがポイント。

彼がそのSNSを見ていたら、思わずいいね!を押してしまうほど自分磨きをしておくと、それは自信へと繋がって自分から連絡をする勇気に変わります。

 

あえて友達のように気軽に近況報告する

「こんにちは」「元気?」など、久しぶりに連絡をしてきた友達のようにLINEをして、近況報告をしてみましょう。誕生日やクリスマスなど、イベントのタイミングで連絡をしてみても良いですね。

彼からちゃんと返事が返ってきて、近況報告などのやりとりが続けば彼が自分と連絡をとることにマイナスな気持ちがあまりないということがわかります。

ここで気をつけておきたいのが、「彼女できた?」など恋愛に関することは自分から聞かないこと。

復縁したいという気持ちを見せずに、あくまで友達のようにやりとりを続けると相手も気軽にやりとりを続けられますし、やりとりが楽しくなるとあなたの存在の大きさや必要さを徐々に思い出してくれることも。

 

謝るべきことはきちんと謝り、反省していることだけでも伝える

自分に原因があって別れてしまった場合は、復縁するのはかなり難しいと思われがち。しかし、自分が悪かったこと、反省しているということだけでも一度きちんと相手に伝えることをおすすめします。

自分が悪いと思ったら、謝るのは人として当然のことですし、別れた直後は耳を貸してもくれないほど怒っていたとしても、冷却期間を置くことであなたにされたことについて怒ったりうんざりしていた気持ちが薄れたり、自分にも悪いところがあったと反省したりすることもあります。

冷却期間を経て深く反省し、人として成長したあなたの姿を見ることで、すぐには復縁とはいかずとも関係性が少しずつ改善される可能性も。

 

まとめ

付き合っていても「距離を置きたい」といって一旦離れることもあるように、冷却期間を設けることは自分と相手の関係性を冷静に見つめるためにとても大切なことです。

別れてから冷却期間を置き、恋愛をしている最中には気づかなかった自分の悪いところや相手への気持ち、2人で過ごした時間の大切さを再確認できるのはきっと男性も女性も同じはず。冷却期間中、彼もあなたのことを考えているかもしれません。

大好きな彼と復縁をしたいと思うのであれば、相手の気持ちを考えずに復縁しようとグイグイ押したり、いつまでも追いかけたりしてはいけません。

一度彼から離れて自分と見つめ合い、考え直し、再び成長するための時間をとるようにしましょう。